京都市山科区の大石神社は、忠臣蔵の赤穂浪士大石内蔵助をお祀りしており、義士祭や大石桜が名物。地鎮祭・七五三・ご祈願も承ります。

アクセス お問い合わせ
由緒書き
京都山科大石神社 この大石神社は昭和十年赤穂義士大石内蔵助良雄の義挙を顕彰するため大石内蔵助良雄公をご祭神として、大石隠棲の地に京都府知事を会長とする大石神社建設 会、山科義士会、また、当時浪曲界の重鎮であった吉田大和之丞 (奈良丸) を会長とするもの等の団体が組織され、全国の崇敬者により創建された。

元禄十四年 (一七〇一) 三月、赤穂藩主浅野内匠頭長矩が江戸城内松の廊下において、吉良上野介義央に対し刃傷におよび、内匠頭は即日切腹、御家断絶、領地没収となり、赤穂藩の城代家老大石内蔵助良雄は城明け渡しの後、同年六月二十八日、以前からこの付近の田地、屋敷を持っていた親類の進藤源四郎の世話でこの地に移った。閑静で人目につきにくく、かつ交通に便利で、事件の善後策を講じるのに何かと便利であり、この地でしばしば同志の会合を開いた。
また、敵の目を欺くため、伏見撞木町、祇園一力亭などで遊興にふけった。はじめは、はやる同志をおさえて、亡主内匠頭の弟大学長広をたてて主家の再興を謀った。しかし、翌、元禄十五年夏、結局再興は許されず、吉良邸討入りに方針を固め、同志は密かに江戸へあつまった。

元禄十五年十二月十四日、大石内蔵助良雄以下四十七士は吉良邸へ、表門には、大石内蔵助を頭として片岡源五右衛門ら二十四名、裏門からは、大石主税を頭とし堀部安兵衛ら二十三名、両門より襲撃し、六時頃本懐を遂げ、その後四十七士は、泉岳寺の長矩の墓前に、その御首を捧げ復讐の報告をする。

翌、十六年二月四日、細川・松平・毛利・水野四候家にて切腹す。明治天皇が「百世の下感奮興起せしむ」と仰せられたその義挙と誠忠は今日に到っても広く熟知され、そのご神徳 (大願成就) を心に秘めて、討入りの十二月十四日の義士行列等の義士祭はもとより、一年をとうして全国より多数の参拝者がみえる。
京都山科大石神社
義人社 境内
義人社 赤穂義士討入りに際し、必要な武器を調達した。 大阪の本町橋に店をかまえ北組惣年寄の大阪の豪商であり、「商売の神様」 と言われ、現在も (商売繁盛) の信仰があつい。「天野屋利兵衛は、男でござる。」 の名ゼリフは有名である。 境内 二千三百坪。神池など稲荷山の東麓に位置し、さくら、もみじ等多く、四季それぞれ美しく山上の緑と調和し、風情のある社頭である。