京都市山科区の大石神社は、忠臣蔵の赤穂浪士大石内蔵助をお祀りしており、義士祭や大石桜が名物。地鎮祭・七五三・ご祈願も承ります。

アクセス お問い合わせ
忠臣蔵とは
現在と過去
過去 現在
大石神社の過去と現在│過去編 京都市山科|大石内蔵助良雄公山科隠棲の地|大石神社の由緒書きページにリンクします 大石神社の過去と現在│現代編
元禄15年12月14日、赤穂浪士47名が吉良上野介邸に押し入り、上野介を殺害して主君の仇を討ったとされています。この事件は「忠臣蔵」として現代でも語り継がれています。 大石神社では毎年12月14日に討ち入り当時を再現した「義士祭」を開催。討入り当時を再現する 「義士行列」は山科全域より四十七士が選ばれ、大石内蔵助をはじめとする表門隊、裏門隊、また、幼稚園児による四十七義士、遥泉院をはじめとする女人列、祇園一力亭でのようすを再現する大石内蔵助、元禄女人列、義士旗、音楽隊、そして清水一学など総勢三百人の奉仕による大行列が山科を行進し最終目的地の大石神社へ参拝されます。
義士祭とは
過去 現在
大石神社の過去と現在│過去編 大石神社の過去と現在│現代編
ただいま、準備中です ただいま、準備中です
過去 現在
大石神社の過去と現在│過去編 京都市山科|大石内蔵助良雄公山科隠棲の地|大石神社の由緒書きページにリンクします 大石神社の過去と現在│現代編
ただいま、準備中です ただいま、準備中です