京都市山科区の大石神社は、忠臣蔵の赤穂浪士大石内蔵助をお祀りしており、義士祭や大石桜が名物。地鎮祭・七五三・ご祈願も承ります。

アクセス お問い合わせ
大石神社の祭典・神事
元旦 【初詣(歳旦祭)】
初詣(歳旦祭) 大晦日の夜より、初詣の方々へと、当社の青年団体である大石神社巴会のご奉仕により、甘酒、神酒の接待の準備が始まり、元旦より多くの初詣の方々で境内は賑わう。
二月四日 【自刃命日祭】
刃命日祭 十二月十四日吉良邸へ討入り本懐を遂げた後、大石公以下四十六義士は、細川、松平、毛利、水野の四家にお預けとなり、翌年二月四日、各四家において切腹する。毎年この日に自刃命日祭として、慰霊神事が斎行される。
四月 第一日曜日 【さくら祭】
さくら祭 御神木「大石桜」満開の候、境内では、大石神社奉賛会主催による『さくら祭』が催され、お琴の演奏の中、武者小路千家、木津宗隆若宗匠よる献茶式、お茶席のご奉仕が執り行われ、大石神社巴会奉仕によるそば席や子供たちへの露店など、春爛漫の一日である。
四月十四日 【例祭】
例祭 年に一度、神社役員総代、崇敬者参列のもと、国の弥栄と崇敬者、参拝者の大願成就、家内安全、社運隆昌を祈願する大切な祭礼です。
十一月 七五三まいり
七五三まいり 十一月中は、紅葉の美しさと、着飾った子供たちで、艶やかな秋の装いです。
十二月 十四日 【義挙大祭(義士祭)】
義挙大祭(義士祭) 「義士祭」には山科区民を挙げてのお祭です。 忠臣蔵への討入り当時を再現する 「義士行列」が山科を行進し、最終目的地の大石神社へ参拝します。
大晦日 【大祓式】
大祓式 一年の罪穢れを祓い、心身とも清らかに新年を迎えるための神事。