京都市山科区の大石神社は、忠臣蔵の赤穂浪士大石内蔵助をお祀りしており、義士祭や大石桜が名物。地鎮祭・七五三・ご祈願も承ります。

アクセス お問い合わせ
大石神社へのアクセス
神社について
神社名 宗教法人 大石神社
所在地 〒607-8308 京都府京都市山科区西野山桜ノ馬場町116
電話番号 075-581-5645
拝観時間(宝物殿) 午前9時~午後5時/拝観無料/休館日なし
駐車場 無料あり/20台
花子
大石神社で大人気の、馬の花子です。
大石神社へのアクセスは、バスまたは車が便利です。
アクセス方法は下記をご覧ください。
アクセスマップ
【京阪バスでお越しの方】
山科駅・ 四条河原町南・ 三条京阪より どのバスも大石神社前下車徒歩1分
バスの時刻表などはこちらからご確認いただけます。

【自動車でお越しの方】
名神高速道路 京都東ICより20分
宝物殿
京都市山科区の大石神社は、忠臣蔵の赤穂浪士大石内蔵助をお祀りしており、義士祭や大石桜が名物。地鎮祭・七五三・ご祈願も承ります。 京都市山科区の大石神社は、忠臣蔵の赤穂浪士大石内蔵助をお祀りしており、義士祭や大石桜が名物。地鎮祭・七五三・ご祈願も承ります。 京都市山科区の大石神社は、忠臣蔵の赤穂浪士大石内蔵助をお祀りしており、義士祭や大石桜が名物。地鎮祭・七五三・ご祈願も承ります。
この他にも様々な宝物がございます。是非、大石神社まで足をお運びください。
奉賛団体
大石神社奉賛会 大石神社献灯会
戦後の神社の荒廃を憂い、崇敬者により神社の支援団体として大石神社奉賛会が設立、その後昭和六十年、大石神社御鎮座五十年祭を記に新たに組織化され、神社の御祭神の御神徳をひろめ、崇敬する者、及び神社神道を信奉する者を教化育成し、神社の興隆を図り、社会の福祉に貢献する事を目的に、献灯会の発足、巴会の発足、さくら祭の実施、隠棲祭、義士祭の支援などの活動を行い、平成十三年より十五年にわたる「大石神社忠臣蔵三百年記念祭」の記念事業の成功に導いた。 大石神社奉賛会が御大典記念事業として、献灯提灯を設置し、神社崇敬者に呼びかけ百六十灯の協賛を得て献灯会を発足した。
大石神社巴会 大石神社巴会 囃子部
大石神社の青年会組織として、平成四年大石神社巴会が発足。
子供たちにお祭を楽しんでもらおうと、さくら祭に露店を奉仕、隠棲祭の神賑行事を企画し、露店の奉仕や夕涼み落語会の実施、お正月初詣の方々に甘酒の接待奉仕、会の親睦として、テニス大会や旅行会の実施など若者として様々な活動が行なわれている。
東京八王子市鎮座 子安神社や、桑都勇会との交流の中からご指導いただき、江戸囃子を取り入れたオリジナルな大石神社のお囃子部がある。巴会発足に合わせはじまり、練習を重ね、現在は大石神社の祭礼だけでなく、八坂神社祇園祭宵山神賑奉納行事に毎年出演させていただいているほか、清水焼陶器祭や地域のボランティア事業にも出演、好評をえている。
京都山科 義士会
大石公山科隠棲における史跡の保護、史料の研究を主とした会であり、全国義士会連合会に所属している。